スポンサーリンク
10
2007

複雑

実家に帰って、母と一緒に生活したいと思ったし、家事の手助けをしたいと思っているし、"親孝行"できるものなら何でもしたいと思っているのだけども、約7年間実家を離れている間に生活のリズムや習慣が全く違ってしまっていて、どうもそれにまだなじめない。


あちら(普段の生活場所)で暮らしている時は、本当に自分勝手に暮らしていた。
彼がいても、自分の生活ペースは自分が勝手に作っていた。

お料理をする気力がなければ「適当に食べてね」とか言ってしないし、一般的な朝・昼・夜の時間帯に食事をとらないし(午後四時過ぎに「夕飯」を出したり…)、お菓子食べすぎてごはんを抜きにしたり、起きる時間も寝る時間も自分の勝手だし、昼寝も勝手にするし、バイトも勝手に見つけてきてほぼ事後報告だし、外出も自分の勝手だし、それが当たり前だった。

急に掃除に気合を入れたくなれば徹底的に掃除したり、不要だと思うものはじゃんじゃか捨てたり(もちろん人のものは勝手に捨てないが)、家事も好き勝手だった。思い直せば、一緒に暮らしている人への気遣いが欠けていた。

実家へ戻るとごく一般的な家庭生活。

母は特に健康面に注意を払っているので朝・昼・夜はしっかり食べる。
食べられなくなって体力が落ちたら終わりだもの。

家族の健康も気遣ってくれるので、食べ過ぎたから夕飯を食べない、とか、朝は食欲がないからちょっとでいいとか、そういうのが通らない。いや通そうと思えば通るけども、心配そうにするので、少し控えることしかできない。(その割に顔がでかいとか、足が太いとか言うから、太ることをとても気にしてしまう。)


そもそも家事のやり方が違いすぎる。

たとえば料理をするとき、私は洗いものや片付けをしながら調理する。
ごはんを食べる時には台所はほぼ片付いている。
食べ終わると使った食器だけが残るので、少しなので、即、洗う。
(または置いておいたら彼が洗ってくれる。)

母の場合、私たち子どもが昔「お腹減った!ごはん!」等と言って、そうさせたのだろうけど、料理をし始めてから完成するまでがとても速い。その代わり、使った調味料はそのまんま出してあるし、調理器具も洗い場に山積みだ。食事を終えてお茶飲んで、ひと息ついてから一気に片付ける。

どちらがいいということはない。
いや、大人数の家族だと母方式の方がいいのかもしれないな。

しかも病気が分かってから母の家事の負担を減らそうと(もしくは、母がいなくても父達が片付けをしやすいように)食器洗い機を購入したので、ある程度洗うものをためた方が要領がいい。

だから、極力そうしようと思うんだけど、習慣なので私は食べ終えてすぐに片付け始めようとしてしまう。
すると「片付けは後でいいやん(ごはん食べたあと、のんびりしようよ)」と制される。


あと、気候が違うのでついつい私は「寒ーい」と言ってしまう。嫌な口癖だ。
言ってるだけで、別に解決策を求めているわけじゃない。

だけども健康を気遣ってくれる母はすかさず「上着もう1枚着たら?タイツ履いたら?靴下もう一枚履きー。」

今書いていても分かるけど、全部愛情からくること。

だけどもその場その場では、煩わしく感じてしまう。
「もごもごするからいい(厚着したくない)。」とか否定的なことを言ってしまう。

あーあ。
もうちょっと素直に受け止められたらいいのにな。
生活のリズムも徐々に実家にならしていきたい。

今はなんだかどこ向いていいか分からなくて、ひたすらだらだらしている。

愚痴になってしまったが書いて少しすっきり。

ランキングに参加しています。
ご協力よろしくお願いいたします。
スポンサーリンク