スポンサーリンク
04
2007

とある4月を振り返る その2

その翌年の4月の日記。


2003年04月22日(火) 「劣等感」

この週末は一気に疲れた。
そして、自分のコミュニケーション能力不足にあきれた。


まず金曜に、前から興味のあったボランティアに行ってきた。
不登校の小学・中学校の学習支援なのだけども、今年から始まる事業
なのでまだ生徒は集まっておらず、研修と言うか準備というか、
まだそんな感じ。


積極的な人が多い気がする。当たり前といえば当たり前か。
はたからみたら、私も、一応自分から応募してきたわけだから積極的に
見えるんだろうか。

とにかくボランティア同士の繋がりを大切に・・・って頭では分かってるし
大事なことだと思うけども、だめだー。

どうしても繋がりを避ける方向にいこうとする自分がいる。


結構適当に、私でも何か役立てる事があれば、程度に思っていたのだけども
なんか他の人のボランティア観、教育観、など聞いてるとおなかいっぱいに
なってしまった。

何もかも考え方が甘いんだろうなー。

もういいよ。とにかくぼちぼち。一年だけはやりつづけよう。




土日は、大学時代の友人(それほど親しくない)の結婚式のため帰省。

純粋にお祝いのことだけ考えればいいと思うんだけど。
お祝いの席で別のこと(まわりの人とどう話すか)を考えて、うかない顔を
していちゃいかんと思いつつ時間は過ぎて行く。

周りの人が気を使って話しかけてくれるけども
「今、どうなん?」
「ん?相変わらずよ。」
(終了)

と終わらせてしまう。続かないんだよなぁ。
本当に、前に秋に別の子の結婚式で会った時から、私は何も変わっていないので
話すことがみつからない。

共通の話題もないので仕事の話が中心になるんだけども、みんなの仕事の
大変さを聞いていると、自分の生活の甘さ・楽さばかりが見えて来て
「私は何やってるんだろう」とばかり思えて話す事がなくなってしまう。

これこそ「劣等感」?
比べてもしょうがないのに比べてるんだろう。


私は私で頑張らねばねえ。



大学時代、どうやって話していたのかな。
とにかく私は自分が思っている以上に口が悪いらしいので、ふつうに
話すと、いらんことばかり言ってしまう。
「口は災いのもと」です。

昔から顔ではニコニコしながらキツイことを言うとしょっちゅう言われる。
あんまりにも言われすぎるので、それはいかんと思うから、余計に話せなく
なるのよー。

黙ってて「おとなしい人・おっとりしてる人・ぽーっとしてる人。」と認識
されればいい。そういう女の子っていい。
今回の結婚式の主役の子がまさにそんなタイプだなー。(ひがみ(笑)?)

でも自分はそういうタイプには見えない。
顔のつくりというか表情的に、黙ってると、むっとしている・だるそう・つ
まらなさそう・ツンツンしてるように見えるようだ。

顔は変えようがないから、表情は意識しなきゃねー。
あるある大辞典でみた、表情筋を鍛える顔の運動してるんだけど。
筋肉だけ鍛えても、心の中身も鍛えないといい表情ってできないよな。

次にこの人たちに会う時は、もっといろんな話聞きまくろう。

(略)




うは。今日、今の職場にて初めて、「意外にきっついこと言う」と言われたところ。

たまに話すと調子に乗っていらんことを言っちゃう。
本人は、冗談のつもりで。
でも冗談になってないらしい。気をつけようー。

メールのお返事は週末にさせて下さい。
すみませんです。
スポンサーリンク