スポンサーリンク
23
2005

不正出血

私は生理不順でよく婦人科のお世話になる。

不順の原因はとくに医者に言われたわけではないけども、忙しいときや心配事があるときに、そうなることが多いような気がする。

生理じゃないのに出血してしまうのだ。
基礎体温を測っているので(←医者につけろといわれているため)時期じゃないことは自分で分かる。出血を放っておいて治るわけはなく、どうにもならんので、医者に行くしかない。これがとても億劫だ。

一度行って、「いつもの症状だから」と薬をすっとくれるとありがたいのだが、内診やエコー(超音波で子宮の様子等を見るやつ)、時にはがん検診までやると、3000円~4000円が飛んでいく。

お金のことを考えると嫌になるけども、身近に子宮頸がんにかかった人がおり、婦人科の病気の怖さもよく聞く。お金はかかっても、検査はしておいた方がよいんだろうな。


それにしても、私は田舎町に住んでいるので病院の選択肢もない。
いつも通う病院は産婦人科と婦人科が一緒になっている。

私は週に一度の婦人科のみの日を狙って行く。
産婦人科と一緒だと何故か暗い気分になってしまうから。

この二つの科は、別々にあるべきだと思う。不妊治療中の方や、病気で子どもを生むことができなくなってしまった方にとって、おなかの大きなお母さんと同じ待合室で待つこと、誕生した赤ちゃんを見舞いに来たお父さんや家族たちと出会うことは、とてつもなく残酷であろう。(妊娠している方が悪いわけでは決してない。)

都会には婦人科専門の病院もあるのだろうか。
ただでさえ産婦人科医が減っているそうなので、完全に分けるのは難しいのかな。

0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク