スポンサーリンク
16
2016

運動がてら、梅見て歩き回ってきた。(来宮神社・熱海梅園)

今日は天気がよくてお散歩日和だった。

熱海の梅園で、もう梅が開花しているという情報を見て調べてみると、梅園、1月23日からは有料期間に入るらしい。ということで、今日はまだ無料。こりゃ行くしかないということで、ダイエット(運動)を兼ねて、歩き回ることにした。


行きに、バスの終着駅で降りようとしたら存在が見えてなかったみたいで、運転手さんが、まだ私が降りていないのに発車した。焦って「降ります」と言ってバタバタ降りて、右手だけ外していた手袋をしようとしたら、どこ見てもないのよ。

バスに忘れたか、外したのはバス停でだったので落としたか…
どちらにしてもいたいなぁ。年末に無印で買ったところなのに。

まあしょうがない。

熱海に着いたらとりあえず坂道を下って、お宮の松のところへ。
16011601.jpg

貫一とお宮。
16011602.jpg

金色夜叉、よく知らないんだけど、未完なのか。

そして、熱海といえば海!
16011603.jpg

海は普段見ないので、見るだけでやたらテンションがあがる。
波の音も、心地よい。
16011604.jpg

ブーツで来るところじゃないわな。歩きにくかった。
16011605.jpg

結構、海水が澄んでるように見えた。
16011606.jpg

ビーチを後にして、坂道を上る。

早咲きの熱海桜を見ながら、糸川遊歩道を上っていく。
これまた23日から糸川桜まつりなんだって。
16011607.jpg

ほかのお花も見つつ。
16011608.jpg

人はまばらだった。来週になれば増えるのかな。
16011609.jpg

ふとマックスバリュが目に入って、昔ここにマネキンに来たことがある!と思い出して気づいたら入っていた。ダースを買った。

坂道をずんずん上る。熱海は海があって、すぐに山だから坂道がとにかく急。市内がごしゃごしゃしているイメージ。方向合っているのか不安になりつつ、上っていくと、來宮神社についた。

本殿の手前のお稲荷さん。何かを頭にかぶっている。
16011611.jpg

お参りしてきた。
16011612.jpg

この神社、なんかすごく今風に手が入っていて、自撮りのためにスマホを置く台があった。御守り授与所や朱印帳の受付窓口がある参集殿にカフェが併設されてるし。少し違和感があったけど、結構皆休憩していた。屋外にベンチがたくさんあったので、私もダースを食べてひとやすみした。

国指定天然記念物の大楠。
16011613.jpg

国内屈指のパワースポット、本州1位の巨樹と境内マップに書いてある。というか、このマップもえらい今風だな。イラスト可愛いし。若い人が作ったのかな。無料アプリをダウンロードできるらしい。

こう見ると本当に大きい。木のパワーください。
16011614.jpg

そこから来宮駅を通り過ぎて、まだ歩いて、今日のメインの梅園へ。

早咲きの梅が4分咲きと書いてあった。
16011615.jpg

黄色。
16011616.jpg

白。
16011617.jpg

こんな感じで結構咲いていた。引きの写真はこのカメラじゃ綺麗に撮れないな。
16011618.jpg

滝の裏側に入ったところ。ひっそりしてちょっと怖い。
暗くて怖いんじゃなくて、どちらかというと、後ろから歩いてくる人からのプレッシャーが怖い。写真は手短に。
16011619.jpg

川から湯気がたっていると思ったら、
16011620.jpg
この上に足湯があった。

梅を見たら毎度ポップコーンが食べたくなる。
16011621.jpg

梅園はかなり山の上の方だし、車で来ている人が多いのかな。周辺歩いている人をあまり見なかった。本格的に咲くのは23日以降の見込みだろうからか、人はかなり少なかった。ぼーっとするのによかった。

さて、ストレートに熱海駅まで歩けば早い(いや、来宮に行けば一番早い)んだろうけど、夕陽見られるかなと、ウォーキングを兼ねてまた海まで下ってみた。

夕陽は見えなかったけど、夕焼け空を見ることができた。
16011622.jpg

最初は歩いていたせいもあって暑くて仕方がなかったんだけど、この時間になると寒くなってきた。手袋片方だけしていた。右手が冷たい。

さて、熱海駅まで、また階段や坂道をがしがし上がって帰ります。
16011623.jpg

駅からも、行きはバス使ったのに、帰りは歩いた。もう調子付いていたので、かなり競歩ペース。脚が疲れていい感じ。

観光としては微妙かもしれない(海と梅しか見ていない)けども、運動と思えば、充実したウォーキングだった。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク