スポンサーリンク
25
2015

ラジオ体操の思い出

CATEGORY現在事務員
最近、ラジオ体操をやると決めてから、ほぼ毎日やっている。
しかし、普段身体動かさないからか、本気ラジオ体操を第一・第二と通しでやるだけで、息が上がってしまう。

子どものころは、ラジオ体操そのものがしんどいなんて思いもしなかったのに。まあ、あんまり本気でやるのも、ばかにされそうで、全力ではやっていなかったかな。

ラジオ体操の思い出と言えば、子ども会主催の公園でのラジオ体操に「誰と行くか・どう行くか問題」が常につきまとった。

今考えればそんなのどうでもいいやんって感じだけど、小学生時代の私は「金魚のフン」体質だったので、とにもかくにも女王様の言いなりだった。わざわざすごく遠回りして、女王様女子の家まで迎えに行ってたな。

たかがラジオ体操なのに、行くの自体、気が重かった。
拒否したからと言って死ぬわけでもないのに、視野が狭かった。

前に「子どもの頃何であんなに言いなりだったんだろう。」って書いたけど、本当にいろいろ、自分の子ども時代が謎だ。無邪気な時期のはずなのに、楽しい思い出がない。


でも、誰かの言いなりって楽。
年をとって、そういう、ひたすら気の強い女の子もいなくなって、自分の自由に動けるようになったら、それはそれで、自分が何をすればいいか分からなくなった。なんでも好きにすればいいんだけど。なんだかそのまま30年ぐらい、ここまで来た感じ。

なんか暗いなぁ。
根暗だからしょうがない。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク