スポンサーリンク
27
2015

「絶体絶命」かと思った。

CATEGORY現在事務員
東京事変の「絶体絶命」が悲しみの歌なのに曲調が明るくて好き。
最近また聴きたくなったので、さっきアイス買いに行きがてら、
車で聴いて歌っていた。

帰り道、信号のない三差路で、右折したいけどタイミングが悪く
もたついていたら、後ろからクラクションを思いっきりならしながら
近づいてきた車が。

えぇぇと焦ってるうちに、ぶぉーんとスピード上げて、私を追い抜いて
右折していった。

危険!と思いつつ、私もその後右折した。
その車はとうに行っちゃったから、まあマイペースでのろのろ同じ道を
行ったんだけど、行ったはずのその車がハザードランプつけてるでは
ないですか。

何かと思ったら、その車の目的地の家がそこにあったらしく
車庫入れするところだった。

その車庫は信号の手前にあって、ちょうど赤信号になったし、
怖いから、かなり離れて駐車を見守り、完全に駐車が終わったのを
見計らって信号の前まで進んだ。

赤信号なので停まっているしかないから停まっていたら、
危険な車に乗っていたおっちゃんが降りてきた。

敢えて見ないようにしてたのに、なんか私の運転席の左側に
近づいてきたではないですか。

ひぃぃぃ。文句言われるんか?これが本当の絶体絶命!?と
焦りつつ、びびっていたら、ぺこりと頭を下げた。

なんだー謝りにきたのか、と思ってこちらもぺこりと頭を下げて
ふぅと一息ついたら、まだいるし。何か話してるし。

仕方がないから左の窓をあけたら(あけるなよ)、満面の笑みで
「気をつけてね!オレみたいな乱暴な運転する奴がいるからさっ♪」って
敬礼みたいなポーズとってはったので、「はいー」なんて笑ってたけど
後で思えば、そんなん言う余裕あるんやったら、追い越しして
右折なんて、しないでくれ~。はぁ、びっくりした。
寿命が縮んだ。

----------

今日はねこ子さんの病院。
エコー検査の結果、膀胱にあった砂がなくなっていた。
腫れもひいて、膀胱炎は治った。よかった。
3月末からだったから、約2ヶ月。

再発の恐れがあるから、療養食(維持食)は続けないといけないし
おやつ等もだめ。
だけど、元気になってよかったよ。


病院帰りのこの表情。

「・・・・」
CF-THM9UsAAnW.jpeg

完全に怒ってますな。

エコーのとき、暴れたみたい。
最初のときはエコーも平気だったのに、日に日に病院嫌いになっていくなぁ。
怖いんだろうな。よくがんばりました。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーリンク