スポンサーリンク
05
2009

偽装請負

CATEGORY現在事務員
今日はマクドで偽装請負の本を読んで↓

偽装請負―格差社会の労働現場 (朝日新書 43)偽装請負―格差社会の労働現場 (朝日新書 43)
朝日新聞特別報道チーム

朝日新聞社 2007-05-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


気づいたことに、私が2005年9月に働いていた工場勤務って、当時は「派遣」という言い方を使っていたけども、思いっきり偽装請負でしたがな。

契約書はたしかに「請負」だった。派遣とどうちがうんだろ?と当時もちょっと疑問に思いつつ、
でもあんまり気にせず派遣と変わらないと思っていた。

派遣された先で社員と同じラインに入り、現場社員が業務の指示や指導をする。
偽装請負の典型やん。
請負だと労働者派遣法の適用がないので、何年経っても直接の雇用義務等は発生しない。
社員と請負とが入りまじって同じ作業をしていたけども、請負人員はいつまでたっても
社員と同じ待遇を受けられない、ということになる。

お世話になった女性(この方は請負だった)に最終日、「こんなところにずっといちゃ駄目。」と真顔で言われたこととか思い出してなんか暗くなってしまった。


帰りは「三文ゴシップ」の「労働者」聞きながら帰った。


--------------------------------------------------

やろうと思っていたことをやってなくて(仕事)、あせって寝てしまいそう。
寝ちゃおうかな。早起きしてやろう・・
そう思って先週はやらなかったんだけど。

あーあ。ブログに書こうと思ってたことも書いてない。(時間の使い方の件と脱毛の件)
こういうところでストレスためても仕方がないので、追々ということで。
のばしのばしの見本みたいだな。

0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク