スポンサーリンク
17
2008

貯金の話

CATEGORY現在事務員
今まで公開していた家計簿では月々の収支がよく分からないので、「特別会計」枠を
なくしてみた。今後は帰省費や冠婚葬祭費、大きな買い物なども、普段の項目に計上する。

例えば先日の帰省での交通費が2万5000円弱だったが、「交通費」に計上。
同窓会での会費は「娯楽・交際費」に計上。
(これまではまとめて「帰省費」として特別の会計としていた。)

支出が収入を上回る月は、もちろん収支がマイナスになる。
そのマイナスをどううめるか。

そこで出てくるのが「特別出費用貯金」。
「特別出費用貯金」はプール金みたいな、ちょっとずるい雰囲気漂う、お助け貯金。
無職時代にはそこからお金をだして生活していた。


予算も気にしないことにした。 → 「月予算はもういらない?」 
しかし、出費の目安として表にまとめてみれば、予算と何らかわりがない・・まあいいか。

伴って、「貯蓄の基本」や「家計簿ルール」も少し手直し。

貯蓄に目覚めた頃には重視していた「先取り貯金」も、最近はしていない。
先にとっておかなくても貯金できるようになったからだ。


それでもって話は戻って、「特別出費用貯金」。
グレー部分もあったほうが気が楽なので、その口座の残高は公開しない。

だがもう無職ではないので、すぐに引き出せるまとまったお金も必要ないかな・・と思い、
50万を貯蓄用口座に移すことにした。

自己満足なので意味が分からないかもしれないけど、すみません。
ともかく今月は公開している貯蓄が突然50万増えるってこと。
自分のお金には変わりないけど、得した気分だ。


なんか変なへそくり癖があるのか、いろんなところにお金がぱらぱら散らばっている。
500円貯金のやりかけとか、1000円の新券とか、謎のへそくり1万ちょっととか、
1万円の新券とか・・封筒に入れていたのが見つかった。

散らしとく意味もない(存在を忘れそう)ので、貯蓄口座に入れておこうと思う。
いや、1000円の新券は来年のお年玉用においとくかな。
年末に銀行行く手間が省ける。ちょっと遠いけど。


うーん。
月々の支出の目安見ていただくと分かるように、
純粋に貯蓄用の貯金が月々35,000円ちょっとになりそう。

FXの利益を毎月確保するか、本業の給料を増やす道を探るか、バイトか、なんかしないと
1000万には届かない。


ランキングに参加しています。
ご協力よろしくお願い致します。
スポンサーリンク